まくら健康法!!寝るだけで痛み悩みが解消する訳。

1.肩こり

 

理由は・・・本来、睡眠は日中の疲れや体の歪みをリセットするのですが、枕が合ってないと筋肉の緊張が取れない、逆に疲れてしまうこともあります。

肩こりは、姿勢不良や筋肉の疲れが原因なので、寝ている時に少しでも筋肉を休めることができると肩こりも少なくなります。

2.ストレートネック

 

理由は・・・首の骨が真っ直ぐの人を言い、首の骨に負担がかかります。

原因としては、PC作業が長時間の方でもなってくると思いますし、うつ伏せで寝てもなると思います。

ストレートネックは、首・肩周りが疲れやすくなってしまうので、適度の首の骨の彎曲を枕で作ると徐々にストレートネックも改善されます。

私の経験上、1ヶ月で徐々に頭痛の症状が緩和して、肩こりも減ってきます。3ヶ月も使えば、慢性的な頭痛は劇的に減る方が多かったです。

また、6ヶ月~1年で首の彎曲も徐々に出てきます。(個人差が多く、普段の姿勢も関係してきます)

 

3.腰痛


理由は・・・慢性的腰痛は、全体的なバランスの悪さも原因ですが、寝返りがうまくできないような枕では睡眠中も腰に負担が掛かってしまいます。

しっかり寝返りをして睡眠中に自分で体の歪みをとることも重要です。
また、睡眠中の枕に対して、首が適正な位置にあると背骨のアライメントもよくなり、結果として腰も楽になります。

4.むちうち症・交通事故の後遺症

 

理由は・・・事故は不意にくるので、体を意識的に守ることができないので、反射的にで体を守ります。

反射は無意識なので、意識的に動かす以上に筋肉を緊張させてしまい、戻そうとしても戻らない状態が数日~数週間続いてしまうのです。(極度の緊張状態が続いてしまう)

本人は、力をいれてないのに筋肉はずっと緊張しているので、疲れやだるさ・頭痛などを引き起こしてしまいます。

 

事故ので首にカラーをして首を固定している人を見かけることあると思いますが、固定も首の安静(活動時)です。

では、寝ている時はどうか?カラーをしてては寝れません。ですが、睡眠時間(6時間ぐらい)どうするのでしょう?

それが、枕の役目です!!

しかし、いつもの同じ高すぎる・低すぎる枕や枕をしないでは、安静にできません。首が楽な高さで寝ることが必要です。