睡眠姿勢の改善でダイエット!!


最近、睡眠時間と肥満との関係性があるという記事や、実際に、アメリカの大学や様々な研究チームが調査した睡眠時間と肥満との関係があります。

 

   ◆スタンフォード大学の研究で睡眠不足だと食欲刺激ホルモンが増え、
    食欲を抑制ホルモンが減ること    
   ◆コロンビア大学の調査で睡眠時間が短い人は肥満になる確率が高くなること
    ◆ワシントン大学の研究によると、遺伝的に太りやすい体質の場合は、

    睡眠時間が多い方が体重も軽いということ

     ◆富山大学は3歳まで睡眠不足だと将来肥満になりやすいと
     ◆リヨン大学の調査によると寝不足だと食欲刺激ホルモンが増えて、

    空腹感が25%増加すること

睡眠とホルモン分泌の関係性は強いことが分かります。睡眠をしっかりとるには、睡眠姿勢が大切で

良い睡眠姿勢を保つためには、「人」「ベッド・布団」「枕」の三角関係が大切です。

中でも「枕」の高さが重要で、枕が適切な高さにあると、自然な寝返りができることにより荷重分散もスムーズに行え睡眠が質が上がります。

ベッドや布団の方が大事だと思われるかもしれませんが、「枕」の方が大事です。

 

 

 さらに、米国の研究機関が睡眠時間と肥満の関係を肥満確率として発表しています。

米国の研究機関『National Health and Nutrition Examination Survey』のデータ分析結果によると、睡眠時間を十分に取っている人(基準は7時間)の人と比較して、睡眠不足の人が肥満になる確率は以下のように上がるそうです。

  • 6時間しか取っていない人:肥満確率23%アップ
  •     
  • 5時間しか取っていない人:肥満確率50%アップ
  •     
  • 4時間しか取っていない人:肥満確率73%アップ

 

 ◇肥満のリスクを1日7~9時間眠る人と比べると、4時間以下しか眠らない人は73%リス  クが高く、睡眠5時間の人は50%リスクが高い。

 ◇睡眠時間が7時間の場合、9時間寝る人に比べて肥満遺伝子の

   発現率が2倍になる。
 ◇睡眠時間が減るとカロリー摂取量が1日350~500カロリー増える計算になる。
 

寝る

睡眠とホルモン分泌の関係性は強いことが分かります。睡眠をしっかりとるには、睡眠姿勢が大切で

良い睡眠姿勢を保つためには、「人」「ベッド・布団」「枕」の三角関係が大切です。

中でも「枕」の高さが重要で、枕が適切な高さにあると、自然な寝返りができることにより荷重分散もスムーズに行え睡眠が質が上がります。

ベッドや布団の方が大事だと思われるかもしれませんが、「枕」の方が大事です。

 

そして、ホルモンの分泌(特に成長ホルモン)がUPすれば、代謝の改善、肌細胞の活性化など、

女性の悩みも解決します。

食べ物や運動ばかりではなく、睡眠も重視してください。

 寝てダイエットなんて夢見たいですね!!「寝ながらダイエット法」